eastasiasoft

悪夢のような激烈シューティング!2月8日、『Rym 9000』が日本市場に登場

目と耳から血が噴き出すほどの、鮮烈な刺激を!

−お知らせ−


2019年2月4日 香港

インタラクティブ・エンターテイメント業界における独立系ディベロッパー兼パブリッシャーであるEastasiasoft Limitedは、縦スクロールシューティングゲーム『Rym 9000』を、2月8日、日本国内においてPlayStation®4コンピュータ―エンターテイメントシステム向けに発売いたします。Sonoshee社の開発によるオリジナル版をRainbite社が移植した今作『Rym 9000』は、PlayStationストアのデジタル販売にて、税込み1080円にてお求めいただけます。

『Rym 9000』が提供するハイパーアクティブかつユニークな「ハイオク」体験は、視覚と聴覚を鮮烈に貫き、目と耳から血が噴き出すほどの刺激をもたらすようにデザインされています。プレイヤーは、月の地底で「世界を根底から作り変える」新世代のパイロットを待ち続けている、古代文明が遺した伝説の秘宝「Rym 9000」を求め、アクションが凝縮された5つのレベルに挑みながら月を目指します。

激烈なモーションと実験的なビジュアルに重点を置いて開発された『Rym 9000』にはサイバーステラーなサウンドトラックも盛り込まれており、あなたをチャレンジングでありつつもフェアなハイパーアクション満載のカオスな旅にいざないます。


『Rym 9000』はアジア市場向けにローカライズされており、日本語、繁体中国語、韓国語および英語でプレイいただけます。


■『Rym 9000』について

悪夢のような縦スクロールシューティング!プレイヤーは月に向かい、世界を根底から作り変えるようと願うパイロットたちが世代を超えて探し続けている古代文明の秘宝、月の地底で新世代のパイロットを待ち続ける謎の存在、Rym 9000を求め、アクションが凝縮された5つのレベルに挑みます。

『Rym 9000』のユニークかつ激烈な「ハイオク・アクション」は、あなたの感覚を刺激し、目や耳から血が噴き出すような体験をもたらすでしょう!

特徴

  • ハイオク・シューティングアクション
  • 超ド派手な視覚効果(心臓の弱い方にはおすすめできません)
  • Roexによる「キラー」サウンドトラック
  • 歯応えのあるゲーム内実績をクリアすることでアンロックされていく世界の伝説の断片
  • 「縦」モード
  • アンロック可能な壁紙
  • エフェクト低減モード
  • オンライン・リーダーボード


■eastasiasoftについて

eastasiasoft Limitedは、香港を拠点とし、ビデオゲームと関連メディアに特化したインタラクティブ・エンターティメントの独立系開発/パブリッシング会社 です。2007年の創設以来、eastasiasoftは、デジタル版とパッケージ版で様々なタイトルを販売してきました。Eastasiasoftは、PlayStation、Nintendo Switch、Xbox Oneの販売ライセンスを取得しています。eastasiasoftが最近ライセンス取得や発売を行ったタイトルには、Shikhondo (シクホンド) - 食魂徒、Ghost Blade HD、Reverie、Rainbow Moon、Söldner-Xフランチャイズなどがあります。

■Rainbiteについて

Rainbite Limitedは独立系のゲーム開発スタジオで、ニュージーランドのオークランドに本拠地を構えています。Rainbiteは小さいながらも熱心なチームによって構成されており、特定分野に集中した、高品質なゲームを作ることを目指しています。Rainbiteの過去作にはPS4™ およびNintendo Switch向けの『Reverie』があります。

メディアのお問い合わせについては、press@eastasiasoft.comまたはTwitterアカウントの@eastasiasoftからEastasiasoftの広報にご連絡ください。


###

Rym 9000
Press kit
Fact Sheet
Platforms:
PS4
Release:
08 February 2019
Genre:
Shoot'em Up
Subtitles:
English, Traditional Chinese, Korean, Japanese
Players:
1
Developer:
Rainbite, Sonoshee
Screenshots

© Eastasiasoft Limited. All Rights Reserved. All trademarks and registered trademarks are properties of their respective owners.